教科書に載っている美術品を見に行こう!

東京近郊で、教科書に載っている美術品が展示されている博物館の紹介をしていきます。
受験生の皆さん、昔受験生だった皆さん、是非見に行ってみてください。
ネットの割引情報などもたまには載せます。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< 無我/横山大観@東京国立博物館 | main | 青木繁「海の幸」@ブリジストン美術館 >>

南蛮人渡来図屏風@東京国立博物館

東京国立博物館の本館、平常展にて7月16日まで南蛮人渡来図屏風が展示されています。
美術品として登場するというよりは、南蛮貿易の話ででてくる作品という印象が強いですね。
南蛮人、それについてきたインドネシア人(召使としてきている)
彼らをものめずらしそうに見る日本人など表情豊かですので是非本物の大きさで見てみてください。
なんで、屏風にしたのかなど考えてみると面白いでしょう。



レオナルド・ダヴィンチ展に行かれた方には朗報です。
半券を持っていけば7月8日まで平常展を半額で見れるそうです。

平常展も以前より値上がりましたのでこの機会をどうぞ。
桃山文化 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://museum-text.jugem.jp/trackback/12
この記事に対するトラックバック